大麻の消費と心血管系のリスク:lemecanismeélucidé

大麻の消費規制-プラスd’unefoispar mois-は、心臓血管系の心臓血管系のリスクを軽減します。 新しい出版物は、misenévidencelemecanismemoléculaireimpliquédansceprocessusbiologiqueです。 Le THCは、心血管系のリスクを高めます 経由 unrécepteurlocalizedsurlesvaisseauxsanguinsnomméCB1。

Celavousinterestaも


[EN VIDÉO] インタビュー:ル・カンナビス、抗癌物質?
フランスでは、大麻は敏感なプイスク、セロンレの見積もりに加えて、400万人の高齢者と12人の75人の女性のコンソメの問題を取り上げています。 Cestupéfiantfaitl’objetdenombreusesétudesaux結論は矛盾しています。 FuturaestpartiàlarencontredePaul Hofman、癌デュプモンの検出における病理学の研究者の先駆者、サヴォアとサーセット物質を注ぐ。

Il est deja connu et reconnu que le 大麻 accroîtlerisquedemaladies cardio-vasculairesdesconsommateurs。 En revanche、peu deは、懸念されるles mecanismesphysiopathologiquessous-jacentsを含むsontcorrectionを選択します。 Uneéquipederechercheasouhaitéensavoirplussur le lien entre Exposure to the Substance psychoactive du cannabis、le THC テトラヒドロカンナビノールなどは、患者に心血管系のリスクをもたらします。 Leurstravauxontété公開されたdanslaprestigieuse revue 細胞 le2022年4月29日。

Unantagonite issu du soja、lagenistéine

Fumer du cannabis active la Production de サイトカイン 調査で示唆された炎症誘発性効果 病気の心臓血管。 Par ailleurs、leTHCalacapacitédeselieraurécepteur カンナビノイド 1(CB1 / CNR1)lesvaisseauxsanguinsにローカライズされています。 mieux comprendre les mecanismes sous-jacents、lesauteursontidentifiéunを注ぐ 拮抗薬 durécepteurCB1:lagénistéine、une isoflavone issue du 大豆

モデルセルレアのブロッカールレシーバーCB1

Un model cellulaire mimant l ‘炎症酸化ストレス THCへの曝露を抑制し、使用されます。 voiedesignalizationNF-κBは暗黙のうちにあります。 Pourétudierleseffetsdel’extinctiondurécepteurCB1、3つのシステムontétéutilisés:les ARN 沈黙、l ‘干渉 crispr分子 拮抗ゲニステイン。 Latechnique de l’ARN silencieux permet destopper la traduction de l’ARN en タンパク質 etdoncd’étaindrel’expressiond’un 遺伝子、icicelleduレシーバーCB1。 L’interference Crispr permet de couper un morceau d’ADN empêchersaを注ぐ 転写 en ARN、puis satraductionenprotein。 分子拮抗薬d’unrécepteur、icilagénistéine、permet de bloquer les voies designalizationsous-jacentesの利用。 Dans les 3 cas、l’extinctiondurécepteurCB1a 減衰 leseffectsdelétèresduTHCdanslemodèlecellulaire。

モデルムーリンでレシーバーCB1をブロッカーします

アラーとロインを注ぐ、lesauteursontはモデルを使用しました ネズミ。 LessourisexposéesauTHCdu 大麻 患者デプラスグランデスプラークの開発アテローム性動脈硬化症 auxsouristémoinsを比較します。 LessourisayantreçuduTHContensuite obtenuounondelagénistéine。 Celle-ciapermisderéduirelesplacksd ‘アテローム性動脈硬化症 THC et de limiter la present de THCdansleのインデュース システム神経系中枢。 結果は、THCの心血管リスクがCB1受容体の活性と同じくらい高いことを確認します。

Alors quedenombreuxはontlégalisél’usageducannabisrécréatifouを支払います envisagent de le faire、etqued’othersétudientl’emploidu 大麻医療、cestravauxapportentdesélémentsappelantàlaprudence。

Sooutenez votre media scientifiquedependent:nos forms d’abonnementsを発見してください!

PatreonでFuturaを購読する4つの理由:

  1. サイトsansaucunepublicitéà partirde3.29ユーロ パーモワ。
  2. C’estsansコミットメント。
  3. Desaccèsàdescontenusprioritiaires、en avant-première、rien quepourvous。
  4. Vous soutenez notre activity de lameilleuremaniere可能です。 本当のモチベーションはヌースを注ぐ!

ce que vous venez de lireに興味がありますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.