研究は、SRAS-CoV-2のさまざまな変異体に対する抗体の調停を支持します。

DansanétuderécenteがWebdelのサイトに公開されました bioRxiv*、leschercheursontévaluél’impactdelamaladieàcoronavirus2019(COVID-19)surl’immunitémédiéeparlesanticorps。

感染症は、コロナウイルス2型症候群の呼吸器系のアグセヴェール(SARS-CoV-2)であり、大規模な感染症の治療者であり、予防接種の対象となる感染症です。 これは、SRAS-CoV-2による感染に対して不均一な免疫学があることを示しています。

研究:SRAS-CoV-2の進化と、アンプラーと抗体抗体によって決定された前例の免疫学的患者。 クレジット画像:NIAIDÉtude:SRAS-CoV-2の進化と、抗体による免疫培地の豊富さと威厳によって決定された患者の先行免疫学。 クレジット画像:NIAID

研究といえば

Cetteétudevisaitàévaluerlapuissanceetl’étenduedesanticorpsproduitsàlasuitededifferentréactionsimmunologiquesindifferentvariantduSRAS-CoV-2。

L’équipeaobtenudeséchantillonsdesérumetacompilélesantécédentsimmunologiquesévaluéssurlabasedes protein du pic 1(S1)du SRAS-CoV-2 et you domaine de liaison pic-receptor(S-RBD) -酵素(ELISA)。 メタデータは、SRAS-CoV-2 et le statut vaccinalontégalementétérecueilliesの日付deprélèvementdeséchantillonsdesérum、le statut delaréactionenchaîneparポリメラーゼ(PCR)に準拠しています。 L’équipeaensuiteclasséleséchantillonsdesérumenquatregroups:naïfs(N)、vaccinés(V)、infected(I)およびinfectedetvaccinés(I)。V)。 Leséchantillonsdeseramedesgroups I et IV ontétésubdivisésenfonctiondela Variant infectante du SRAS-CoV-2:infectés-Wuhan(IW)、感染アルファ(Ia、39échantillons)、107感染デルタ(Iδ、15échantillons)、感染-武漢-ワクチン(Iwv、60échantillons)、感染アルファワクチン(IαV、69échantillons)、etinfected-delta-vaccinés(IδV)。

Leséchantillonsdesérumontensuiteététraitésenlestestantto the protein S etlanucléocapside(N)àl’aided’untestd’エレクトロケミルミネッセンス注入定量剤lesconcentrationsd’anticorps。 Des essais de Neutration Viruse(VNA)ontégalementétéeffectsurleséchantillonsdesérumenutilisant des pseudotypes duviral del’immunodéficiencehumaine(VIH)qui portaient la protein S pour les souches Wuhan、Alpha、Delta or Omicron du SRAS -2。

les pseudotypes viraux、ilsontégalementévaluésichaqueéchantillonsérologiqueneutralisaitles quatre souchesdeSRAS-CoV-2を使用します。 全体として、中和能力は、抗体N、V、IetI間の抗体の定量化に対応します。V SRAS-CoV-2の変異体に対する滴定剤の抗体中和剤。

結果

Lesrésultatsdel’étudeontmontréqueleséchantillonsdesérumprélevéschezlespatientsnaïfspresentlestauxles plus faibles d’anticorps anti-SARS-CoV-2Spuisqueces参加者n’avaientpasétéexposésàl’anti SRAS-CoV-2。 Les niveauxd’anticorpsanti-SARS-CoV-2Sétaientplusélevéschezlespersonnes感染quechezlespersonnesvaccinées、tandisquelesniveauxétaientsignificateplusfaibleschezles参加者quiavaientétéàlafoisinfectésetvacciné さらに、感染した参加者は、感染してワクチン接種を受けたCeuxに、量に加えて重要な抗SARS-CoV-2Nパーレポートを提示します。

抗SARS-CoV-2は、SRAS-CoV-2への曝露に対するさまざまな感受性に対して、患者の証明されたエシャンチロンで抗企業濃度と抗ヌクレオカプシドを急上昇させます。  Le nomdesantigenesestindiquéenhautdechaquepanneau。  Les groupes depatientsontdéfiniscommesuit:N:naïf(jaune);  V:ワクチン(バイオレット); 私:感染(オレンジ);  IV:感染してワクチン接種(シアン)。 抗体濃度は、任意単位MSD/mlで示されます。 箱ひげ図は、四分位範囲のecartと中央値を示しています。

SRAS-CoV-2のポワント・エ・ラ・ヌクレオカプシドに対する抗体濃度は、SRAS-CoV-2の患者の患者とは異なります。 Le nomdesantigenesestindiquéenhautdechaquepanneau。 Les groupes depatientsontdéfiniscommesuit:N:naïf(jaune); V:ワクチン(バイオレット); 私:感染(オレンジ); IV:感染してワクチン接種(シアン)。 抗体濃度は、任意単位MSD/mlで示されます。 箱ひげ図は、四分位範囲のecartと中央値を示しています。

Notamment、les niveaux d’anti-N chezlespersonnesvaccinéesétaientimportanceplusfaiblesqueceuxdesindividusnaïfs。 アンサンブルでは、結果として、抗SARS-CoV-2への曝露、ワクチン接種などの感染、大量の抗体、および抗SARS-CoV-2 que chezlespersonnesへの曝露がまれに発生します。ワクチン接種者の独自性。

チームは、エシャンチロンの中和の活性化が、SRAS-CoV-2の変異型感染と患者の免疫学の病歴に依存することを認識している必要があります。 中和の一貫性の低下と、変異体の出現の時系列を考慮する際の抗原性のオントプエトルの同定。

ウイルスの偽型に対して中和された応答は、SRAS-CoV-2の患者の歴史的露出の機能であるSRAS-CoV-2のさまざまな変異体のタンパク質Sを重要視します。  (A)Lessérumsdespatientonstétéregroupésenfonctiondesantécédents免疫学(N:naïf; V:vacciné; I:infecté; IV:infectéetvacciné)。 活性化ニュートラルは、グループデによって表される糖タンパク質デポワント武漢(bleu)、アルファ(rouge)、デルタ(vert)およびオミクロン(gris)portant le VIH(SRAS-CoV-2)et患者(A)およびSRAS-CoV-2のパーバリアントS(B)。 中和は、希釈フィクス(1:50)で行われます。  Chaque pointは、lamoyennededeuxrépétitionsを表しています。 箱ひげ図は、四分位範囲のecartと中央値を示しています。 患者のグループ間のLesniveauxdesignationまたはlesviruspseudotypésontététestsàl'aidedutestde Wilcoxon par paires、et sont presents danslespanneauxinférieurssousformedediagrammesàpointsconnectés。

ウイルスの偽型に対して中和された応答は、SRAS-CoV-2の患者の歴史的露出の機能であるSRAS-CoV-2のさまざまな変異体のタンパク質Sを重要視します。 (A)Lessérumsdespatientonstétéregroupésenfonctiondesantécédents免疫学(N:naïf; V:vacciné; I:infecté; IV:infectéetvacciné)。 活性化ニュートラルは、グループデによって表される糖タンパク質デポワント武漢(bleu)、アルファ(rouge)、デルタ(vert)およびオミクロン(gris)portant le VIH(SRAS-CoV-2)et患者(A)およびSRAS-CoV-2のパーバリアントS(B)。 中和は、希釈フィクス(1:50)で行われます。 Chaque pointは、lamoyennededeuxrépétitionsを表しています。 箱ひげ図は、四分位範囲のecartと中央値を示しています。 患者のグループ間のLesniveauxdesignationまたはlesviruspseudotypésontététestsàl’aidedutestde Wilcoxon par paires、et sont presents danslespanneauxinférieurssousformedediagrammesàpointsconnectés。

デプラス、患者の付添人au groupe IV 現在のdestitresd’anticorps中和剤に加えて、すべてのlesautresグループの対応するàchaqueVARIANTtestéeのélevésqueceuxtrouvésdans。 他の部分では、SRAS-CoV-2パーレポートの補助参加者ワクチンのバリアントに対する抗体抗体変数の提示に感染した患者。 Celaaétéconstatédanslesdifferencesnonimportantobservéesdansleslesgroups感染およびワクチン対応のauxバリアントWuhan、Alpha、Delta et OmicronduSRAS-CoV-2。 Toutefois、lespatientsvaccinéspresentdestitresd’anticorps nettementplusélevéscontreOmicron、alors que lepouvoirdeneutralizationétaittrèsfaible。 Dans l’ensemble、cesrésultatsindiquentquel’évolutiondesantigenesdu SRAS-CoV-2 est directionnelle、c’est-à-direqu’elleaévoluépouréchapperàl’immunitémédiéeparlesanticorps、et que le type et le nombre d’expositionsviralesaffectentlapuissancedel’immunitémédiéeparlesanticorps。

L’équipeaégalementnotéquelespatientsquiétaientàlafoisvaccinésetavaientdesantécédentsd’infectionparleviralDelta present le pouvoirde中和leplusélevécontrelesautresvariants。 D’apres les mesures du biais de中和、lespersonnesに感染したpardesバリアントの特異性は、detitresd’anticorpsがcontrelesautresバリアントを区別します。 Cela indiquequeles患者appartenantaugroupe感染したavaientdestitres d’anticorpsに加えて、faiblesqueceuxquiétaientàlafoisvaccinésetinfectés。 En revanche、les titres d’anticorps中和剤は、患者に感染しました。

全体として、抗体中和抗体の力価の比較は、患者のすべてのグループを対象とし、バリアントDeltaによるmontréquelesindividusquiavaientétévaccinésavandt’être感染またはバリアントWuhanavantd’êtreによるCeuxquiavaientété感染です。 vaccinésPresentlestitresd’anticorpslesplusélevéscontretouteslesVariantsduSRAS-CoV-2。 Cela indique quelespatientsquiontétéinfectedavantd’êtrevaccinésavaientunpouvoirde Neutration et des titresd’anticorpsplusélevéscontrechaqueVARIANT。

結論

SRAS-CoV-2による感染がヒトの免疫に及ぼす影響の複雑さを示す誤った証拠に関する研究の結果。 Les chercheurspensentquel’étudeactuellepermettrad’améliorerlesmodèlesépidémiologiquesafindeprévoirlestendancesfuturesde la TransmissionduSRAS-CoV-2。 さらに、SRAS-CoV-2への曝露がCOVID-19の発現と問題に及ぼす影響を検討するために必要な他の研究があります。

*重要な注意

bioRxiv Publie desrapportsscientifiquespréliminairesquinesontpasévaluéspardespairset qui、parconséquent、nedoiventpasêtreconsidéréscommeconcluants、guider la pratique clinique /lecomportementenmatièredesantéouêtretraité

ジャーナルの参照:

  • SRAS-CoV-2の進化と患者の前身の免疫学は、抗体のアンプルと免疫の強さを決定します。 Maria Manali、Laura A Bissett、Julien Amat、Nicola Logan、Sam Scott、Ellen Hughes、William Harvey、Richard Orton、Emma Thomson、Rory Gunson、Mafalda Viana、Brian Willett、Pablo Ramiro Murcia、bioRxiv 2022.05.06.490867、DOI:https: //doi.org/10.1101/2022.05.06.490867https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2022.05.06.490867v1

Leave a Reply

Your email address will not be published.