COVID-19:リュック・ボアロー博士による状況疫学サメリオア

Le directeur parinterimdelaSantépubliqueduQuébec、le Dr Luc Boileau a tenu un point de presse pourannouncer quelaSituationépidémiologiqueétaitecommunicante。

En effet、COVID-19の場合、入院とトラベイラー・デ・ラ・サンテの数は、絶え間なく減少している。

Lesprédictionsfaitesparl’INESS、lasemainedernière、tententàseconfirmeravecladécroissancedetouslessignautures。

M. Boileau indique que cetteの状況は、au retraitプログレッシブ・エ・プルデント・デ・ディフェレンテス・メシュア・サニタイアによる確実性を保証します。

Ilrappellequ’àpartirdesamediminuit、le 14 may、le port du masque obligatoire dans lesespacespublicsfermésneseraientplusdemise。 Par contre、il recommandeauxpersonnes脆弱性ouauxpersonnesquicôtoientdespersonnesàlasantéfragiledecontinueràleporterenalltemps。

Également、le mask demeure requis danslestransportscollectifs。 D’ailleurs、des Recommendations sur cette mesure seront faites sous peuaugovernment。 センターのホスピタリエ、CHSLD、CLSC、ユニットdesoinsensantémentale、le couvre-visage seratoujoursobligatoire。 lescliniquesmedicalesprivéesoupubliquesdevrontcontinueràsecouvrirlevisageの患者。

ワクチン
ディレクターのtenaitàclarifierlesは、ワクチンのARN-messagerの関係者の用量を委託します。

Latroisièmedosefortementrecommandéepourlespersonsde 18 ans et plus、les femmes enceintes et tous lestravailleursdelasanté。 12歳から17歳までの思春期の若者は、リスクを伴うリスクを軽減し、複雑さを軽減します。

4回目の投与は、CHSLDまたはRPAの居住者に推奨されます。これは、depersonnesvulnérables、lespersonnesâgéesde80 ans et plus qui vivent in lacommunautégénérale、lesimmunodepriméesetcellsquiviventの比率で重要です。孤立したコミュニティまたはéloignéesで。

関心のない他のグループは、peuvents’enprévaloiraprèsavoireu des explicationspourfaireunéclairéchoiceである可能性があります。

de rappel est d’attendre au moins 3 moisetidéalementの投与間隔は5〜6moisです。

最終的に、ケベック州の状況が改善されたため、リュック・ボアロー博士は、人口の情報を提供するために、ケベック州のポイント・デ・プレス・セ・フェロン・デ・プラス・エン・プラス・レアを発表しました。

入院の肖像du30avril au65月
Par ailleurs、InstitutNationald’excellenceensantéetenservicessociaux(INESSS)a rendu availableaujourd’huilaplusrécentemiseàjourdesanalysesqu’ilproduitensoutienauxdécideursetauxgestionnairesduréseauedelaサービスソシアウ。

Pourunetroisièmesemaineconsécutive、le nombre de nouveaux cas COVIDホスピタリティは、est en diminution(-26%)parrapportàlasemaineprécédente(951対1 287)を宣言しました。

La baisse estは、すべての地域のすべてのグループd’âgeetで観察されました。

症例の状況の環境(48%)sont des personnes “avec la COVID”(COVID以外の理由で入院したラ・ペルソネ、puisdéclaréepositivelors de l’admission ou durantleséjour)。

Projectionsdesbesoinsホスピタリエ
Baséessurlesdonnéescolligéesjusqu’au6may2022、les Projections annoncent une baissedesnouvelleshospitalisations。

Pour l’ensemble duQuébec、ellesprévoient、d’ici 2 semaines:

-1日あたり55の環境での新規入院数の減少(37から81の間の信頼の間隔);

-点灯しているレギュレーターの減少は、患者のCOVIDに匹敵します。 Cenombre se situerait entre lesniveaux2および3はministèredelaSantéetdesServicessociaux(MSSS)によって定義されています(1 068 lits avec unintervalle de confiance entre 974 et 1 171);

-患者のCOVIDが占めるlitsauxsoinsインテンシブの減少。 Ceux-ciは、MSSSによって定義されたレベル1の点灯の約20%を表します(32から39の間の信頼の間隔で35点灯)。

Leave a Reply

Your email address will not be published.