Le taux d’incidence passe en language du seuil de 1,000 cas pour 100,000 habitants

Pour la semaine du 30 avril au 6 mai2022àLaRéunion、le nombre decashebdomadairess’établità7865対10931lasémaineprécédente、対応するàuntaux d’incidencede919対1277lasémainederniè 28%ダウン。 Letauxdepositivitéestégalementenbaissepouratteindre 33.3%(contre 36.4%précédemment)。 ラ・デクルー・デ・ラ・サーキュレーション・ウイルスは、デビュー・デ・ヌーヴェル・セマイン・デ・レフェレンスを確認します。 ラ・ビジランス・エ・ル・リスペクト・デ・ゲステス・バリア・レスト・トゥーテフォワ・エッセンシャル、カー・ル・ウイルス・コンティニュー・デ・ジェネレル・デ・ホスピタリゼーション・エ・デ・デセ。 Ainsi、au 10 may、9litsderéanimationsontoccupéspardespatientsCovid et 51 par despatients atteints d’other pathology(soit 81.1%de taux …

Le taux d’incidence passe en language du seuil de 1,000 cas pour 100,000 habitants 続きを読む

Le taux d’incidence passe en language du seuil de 1,000 cas pour 100,000 habitants

Pour la semaine du 30 avril au 6 mai2022àLaRéunion、le nombre decashebdomadairess’établità7865対10931lasémaineprécédente、対応するàuntaux d’incidencede919対1277lasémainederniè 28%減少しました。 Letauxdepositivitéestégalementenbaissepouratteindre 33.3%(contre 36.4%précédemment)。 ラ・デクルー・デ・ラ・サーキュレーション・ウイルスは、デビュー・デ・ヌーヴェル・セマイン・デ・レフェレンスを確認します。 ラ・ビジランス・エ・ル・リスペクト・デ・ゲステス・バリア・レスト・トゥーテフォワ・エッセンシャル、カー・ル・ウイルス・コンティニュー・デ・ジェネレル・デ・ホスピタリゼーション・エ・デ・デセ。 Ainsi、au 10 may、9litsderéanimationsontoccupéspardespatientsCovid et 51 par despatients atteints d’other pathology(soit 81.1%de taux …

Le taux d’incidence passe en language du seuil de 1,000 cas pour 100,000 habitants 続きを読む

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5

ドゥー nouveaux sous-lignagesd’Omicron、BA.4およびBA.5、ontétéidentifiésdebut avril et font l’objet d’unesurveyancerenforcée、sur la base de leurprofilegénétique、annonceSantépubliqueFrancedanssadernièreanalysisderisquesurlesvariantsémergentsduSARS- CoV-2、公開されたcettesemaine。 Cequiportedésormaisàcinqlenombredesous-lignagesàcejourduVariant Omicron、フランスで支配的な大規模。 Despremiercasがsurleterritoireを検出しました L’agencedesantérapportetoutefoisqueseul un cas de BA.4 et deux casdeBA.5ontétéidentifiésenFrance。 Ces deux sous-lignages、afrique du Sudで検出されたmajoritairement、sontassezsimilairesàBA.2、明示的にSantéPubliqueFrance、maisleurタンパク質Spikepossède3変異enplus。 LeCentereuropéendepreventionetdecontroldesmaladiesaclasséBA.4etBA.5en”variantsàsuivre”etademandéqu’ilssoientsurveillésment。 …

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5 続きを読む

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5

ドゥー nouveaux sous-lignagesd’Omicron、BA.4およびBA.5、ontétéidentifiésdebut avril et font l’objet d’unesurveyancerenforcée、sur la base de leurprofilegénétique、annonceSantépubliqueFrancedanssadernièreanalysisderisquesurlesvariantsémergentsduSARS- CoV-2、公開されたcettesemaine。 Cequiportedésormaisàcinqlenombredesous-lignagesàcejourduVariant Omicron、フランスで支配的な大規模。 Despremiercasがsurleterritoireを検出しました L’agencedesantérapportetoutefoisqueseul un cas de BA.4 et deux casdeBA.5ontétéidentifiésenFrance。 Ces deux sous-lignages、afrique du Sudで検出されたmajoritairement、sontassezsimilairesàBA.2、明示的にSantéPubliqueFrance、maisleurタンパク質Spikepossède3変異enplus。 LeCentereuropéendepreventionetdecontroldesmaladiesaclasséBA.4etBA.5en”variantsàsuivre”etademandéqu’ilssoientsurveillésment。 …

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5 続きを読む

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5

ドゥー nouveaux sous-lignagesd’Omicron、BA.4およびBA.5、ontétéidentifiésdebut avril et font l’objet d’unesurveyancerenforcée、sur la base de leurprofilegénétique、annonceSantépubliqueFrancedanssadernièreanalysisderisquesurlesvariantsémergentsduSARS- CoV-2、公開されたcettesemaine。 Cequiportedésormaisàcinqlenombredesous-lignagesàcejourduVariant Omicron、フランスで支配的な大規模。 Despremiercasがsurleterritoireを検出しました L’agencedesantérapportetoutefoisqueseul un cas de BA.4 et deux casdeBA.5ontétéidentifiésenFrance。 Ces deux sous-lignages、afrique du Sudで検出されたmajoritairement、sontassezsimilairesàBA.2、明示的にSantéPubliqueFrance、maisleurタンパク質Spikepossède3変異enplus。 LeCentereuropéendepreventionetdecontroldesmaladiesaclasséBA.4etBA.5en”variantsàsuivre”etademandéqu’ilssoientsurveillésment。 …

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5 続きを読む

特定の癌に対するワクチンを接種しないquipeineàconvaincre

ウネチュード OpinionWay 機会に公開されたLiguecontrelecancerestのために Semaine Europeenne de la vaccination du 25au2022年4月30日。 Mais le constat est alarmant sur laperceptiondesFrançaisquantàlavaccationforles papillomavirus humains(HPV)。 Chaqueannée、 環境6300 cas de 癌s auxを読む pアピロマウイルス Humains (HPV)フランスのsontdiagnostiqués、chez les hommes …

特定の癌に対するワクチンを接種しないquipeineàconvaincre 続きを読む

マイクロロボットで脳を癒す、カリフォルニアのスタートアップの素晴らしい旅-ウェブ上のすべての最新のグアドループのニュース

ミニチュアロボットを人間の脳に送り、それを癒しますか? 数十年前にまだ空想科学小説であったものがすぐに現実になる可能性があると、2年ぶりの臨床試験を計画しているカリフォルニアの新興企業であるBionautLabsの創設者は保証します。 「マイクロロボットのアイデアは、私が生まれる前にさかのぼります。 最も有名な例の1つは、Le Voyage Fantastiqueと呼ばれる映画です。この映画では、科学者のチームが小型船に乗り込み、脳に入り、血栓を拾います」とBionautLabsのCEOであるMichaelShpigelmacher氏は述べています。 「あなたの携帯電話には、一粒の米よりも小さい、非常に正確で非常に洗練された微細な機械がたくさんあります」と、人工知能と家電製品を経験したこのロボット工学者は訓練を受けて言います。 「1960年代の空想科学小説は今や科学的事実です(…)私たちはこの古い考えを取り入れてそれを実現したいと思っています」と53歳の科学者はBionautLabsの研究開発のツアー中にAFPに語ったロサンゼルスのセンター。 ドイツの有名なマックスプランク研究所とのパートナーシップから生まれたこのスタートアップは、磁気エネルギーを使用して遠隔操作される注射可能なマイクロロボットを実験しています。 光学的または超音波試験などの他の技術もありますが、磁気エネルギーには単純で人体に影響を与えないという利点があります、とShpigelmacher氏は説明します。 MRIとは異なり、このデバイスは輸送が簡単で、消費電力が10〜100分の1になります。 患者の頭蓋骨の外側に配置された磁気コイルとコンピューターは、マイクロロボットを脳に遠隔誘導するのに十分であり、AFPで実行されたシミュレーションが示しています。 -嚢胞と腫瘍- シーケンスが始まり、ロボット(強力なネオジム磁石が埋め込まれた長さ数ミリメートルの金属シリンダー)が、事前にプログラムされた軌道に従って、脳を模倣したゲル内で進化し始めます。 機械は青い液体で満たされたバッグの下に配置され、ロケットのように推進され、その先のとがった端で突然それを突き刺し、液体がバッグから流出できるようにします。 その後、ロボットを同じ方法で引き出すことができます。 Bionaut Labsが最初の臨床試験を開始するとき、子供に影響を与えるまれな出生状態であるダンディーウォーカー奇形によって引き起こされた脳脊髄液で満たされた嚢胞を突破するためにそれを行う必要があります。 ゴルフボールのサイズになる可能性のあるこれらの嚢胞は、膨潤して頭蓋内圧を上昇させ、さまざまな深刻な病状を引き起こします。 Bionaut Labsはすでに、「大型動物、羊、豚の専門研究所でロボットをテストしています。 そしてデータは、この技術が人間にとって安全であることを示しています」とMichaelShpigelmacher氏は述べています。 「今日のほとんどの脳手術は直線に限定されています。 直線でゴールに到達しないと、行き詰まってしまいます」とShpigelmacher氏は言います。 注射可能なロボットは、「可能な限り安全な軌道をたどりながら、他の方法ではアクセスできないターゲットに到達することを可能にします」。 これらの最初の有望な結果のおかげで、スタートアップはすでにアメリカ食品医薬品局(FDA)から、ダンディウォーカー症候群だけでなく、不治と見なされる癌性脳腫瘍である悪性神経膠腫に苦しむ患者のためにその方法を実験する承認を受けています。 後者の場合、マイクロロボットには抗がん剤のキャニスターが装備されており、腫瘍に向かって駆動して薬剤を投与します。 現在利用可能な技術が単に全身を攻撃し、有効性が失われ、多くの副作用が生じる「サージカル・ストライキ」は、Shpigelmacher氏が説明します。 「そして私たちはロボットなので、サークルを閉じて測定を行い、組織サンプルを採取することができます」と、約30人の従業員を抱え、現在も募集を続けているBionautLabsの責任者は熱狂しています。 Bionaut …

マイクロロボットで脳を癒す、カリフォルニアのスタートアップの素晴らしい旅-ウェブ上のすべての最新のグアドループのニュース 続きを読む

COVID19。 フランスで再感染の数が爆発的に増加しているのはなぜですか? 私たちはあなたがよりはっきりと見るのを助けます

「私は2022年3月5日にCovid-19に感染しましたが、すぐに2度目の感染を起こすことはできますか? »» ブリジットは私たちにこの質問をします。 西フランス あなたに答えます。 2021年12月とフランスでのオミクロン変異体の蔓延以来、再感染の可能性の頻度は低下しています。 Covid-19による 大幅に増加しました。 オミクロン波の前に再感染のリスクがかなりまれな形ですでに存在していた場合、再感染の最初の症例は2020年の夏の終わりから報告されました。 「一部の人々にとって、この病気によってもたらされる保護は不完全であり、完全ではないことを私たちは知っています。したがって、1回目よりも穏やかな症状で2回目に病気になる可能性があります。」 レンヌ大学病院(イルエビレーヌ)の感染症の専門家であるMatthieuRevestは説明します。 2022年1月初旬に一時的に安定した後、すべてのCovid症例で報告された再感染の可能性のある症例の割合は、1月末から再び増加しており、01金曜日に公開された最新の入手可能なデータによると、現在、確認されたすべての症例の5.4%です。は 4月から 公衆衛生フランス。 少なくとも60日の距離でデータベースに記録された少なくとも2つの陽性テストを示すことができるすべての人は、再感染の可能性のあるケースと見なされます。 保健省は先週の記者会見で、2回の感染発生の間の時間は平均242日だったと述べた。 1ヶ月後に再感染することは可能ですか? モンペリエ大学(エロー)のウイルス学者兼研究教授であるヤニック・シモニンに連絡したところ、 「特に、オミクロン変異体に感染しているがワクチン接種を受けていない人では、さまざまな変異体に対する免疫が弱く見え、時間の経過とともにかなり急速に低下することが研究によって示されています。」。 オミクロン変異体は、重症度の低い病気を誘発する傾向がありますが、再感染が多くなります。 実際には、 「最近オミクロン(主にBA.1サブバリアント)に感染した人の中には、特に現在フランスで大多数を占めるBA.2サブバリアントによって、1〜2か月後に再感染する可能性があります。 新しいウイルスのスペシャリストを続けています。 1か月後の再感染はほとんどありませんが、不可能ではありません。特に、予防接種の状況や、最初にBA.1またはBA.2サブバリアントに感染したかどうかによって異なります。 »» この再感染の現象はどのように説明できますか? 合計で、2021年3月2日から2022年3月20日までの間に、685,858の再感染の可能性のある症例が特定され、フランスでのオミクロン変異体の蔓延の始まりを示す2021年12月6日以降の95.2%が保健当局に報告されています。彼らの最後の毎週の声明で。 「フランスの人口における感染後またはワクチン接種後の免疫応答の弱体化は、特に追加免疫ワクチン接種を受けていない人々において、再感染の可能性のある症例の頻度のこの著しい増加に役割を果たすようです」、 公衆衛生フランスを示します。 そしてそれを追加するには「また、フランスでのオミクロン変異体の非常に高い分布は、伝染性の増加と有意な免疫回避を特徴とし、この現象を増幅する可能性が非常に高いです。」。 …

COVID19。 フランスで再感染の数が爆発的に増加しているのはなぜですか? 私たちはあなたがよりはっきりと見るのを助けます 続きを読む

バクテリアの有毒なトリオ

サルモネラ菌、大腸菌、リステリア。 ニュースで言及されているこれらの3つのカテゴリーの細菌は、多くの食中毒の原因であり、時には致命的であり、多くの共通点があります。 これら3つの細菌の症状を示しますが、多くの胃腸炎の場合のように、ウイルスによって引き起こされることが多いすべての食中毒の原因とはほど遠いものです。 -サルモネラ菌、主なリスク- ヨーロッパでキンダーチョコレートに関連している可能性のある数十の症例で確認されているサルモネラ症は、食中毒による主な死因です。 フランスで毎年数百人が死亡するこの病気は、腸チフスの背後にある細菌の大家族であるサルモネラ菌によって引き起こされます。 それらを発見したアメリカの獣医、ダニエル・エルマー・サーモンにちなんで名付けられたこれらの細菌は、主に動物の消化管に由来します。 肉、卵、生乳など、調理後に生、調理不足、または汚染されたさまざまな食品が汚染源になる可能性があります。 ごくまれに、果物や野菜の摂取によって汚染が発生することがあります。 粉ミルクからも得られます。 平均して、サルモネラ症の症状は、潜伏期間の1〜3日後に現れます。 最も一般的なのは、時には急性胃腸疾患です。下痢や腹部のけいれん、わずかな発熱、さらには嘔吐です。 しかし、感染は危険であり、場合によっては致命的でさえあります。最年少または高齢者は、下痢の作用下で実際に重度の脱水症状に陥る可能性があります。 敗血症や髄膜炎などの合併症も考えられます。 抗生物質治療は重症型に適応されます。 -リステリア、2番目の危険- リステリア症は、サルモネラ症に続く食中毒による2番目に多い死因であり、フランスでは年間数十人が死亡しています。 これは、リステリアモノサイトゲネス菌が原因で、最近、ラクタリスグループの子会社が製造したいくつかのチーズで発見されましたが、感染例は報告されていません。 いわゆる「侵襲性」の形態では、リステリア症は特に致命的です。たとえば、髄膜炎などの神経学的合併症により、患者の約4分の1がリステリア症で死亡します。 インキュベーションは通常1〜2週間続きますが、最大で3か月近く続くこともあります。妊娠中の女性は、他の人口よりもこの感染症にかかる可能性が20倍高いため、特にリスクが高くなります。 サルモネラ症と同様に、リステリア症は抗生物質で治療されます。 サルモネラ菌と同様に、リステリアは調理によって排除されるため、肉、乳製品、新鮮な野菜、果物などの生の食品や調理が不十分な食品に含まれています。 しかし、それはまたその特徴を持っています。 寒さはサルモネラ菌の発生を遅らせますが、冷蔵庫で大量に繁殖する可能性のあるリステリア菌については同じことが言えません。 したがって、リステリア症はしばしば「冷蔵条件下で長期間保存できる食品」と関連していると世界保健機関(WHO)は要約しています。 -大腸菌、治療が難しい- ブイトーニピザ(ネスレ)に関連するフランスでの最近の症例の発生によってニュースで強調された大腸菌は、サルモネラ菌やリステリア菌よりもはるかに少ない死亡原因です。 これはバクテリアの大きなファミリーであり、その多くは人間の消化器系に見られ、それが機能するのを助けさえします。 ただし、一部の品種は中毒を引き起こす可能性があります。 繰り返しになりますが、熱は彼らを殺し、2011年にヨーロッパで観察された史上最悪の流行のように、特定の肉から発芽した種子まで、あらゆる種類の生または調理不足の食品が非難される可能性があります。 …

バクテリアの有毒なトリオ 続きを読む

COVID19。 フランスで再感染の数が爆発的に増加しているのはなぜですか? 私たちはあなたがよりはっきりと見るのを助けます

「私は2022年3月5日にCovid-19に感染しましたが、すぐに2度目の感染を起こすことはできますか? »» ブリジットは私たちにこの質問をします。 西フランス あなたに答えます。 2021年12月とフランスでのオミクロン変異体の蔓延以来、再感染の可能性の頻度は低下しています。 Covid-19による 大幅に増加しました。 オミクロン波の前に再感染のリスクがかなりまれな形ですでに存在していた場合、再感染の最初の症例は2020年の夏の終わりから報告されました。 「一部の人々にとって、この病気によってもたらされる保護は不完全であり、完全ではないことを私たちは知っています。したがって、1回目よりも穏やかな症状で2回目に病気になる可能性があります。」 レンヌ大学病院(イルエビレーヌ)の感染症の専門家であるMatthieuRevestは説明します。 2022年1月初旬に一時的に安定した後、すべてのCovid症例で報告された再感染の可能性のある症例の割合は、1月末から再び増加しており、01金曜日に公開された最新の入手可能なデータによると、現在、確認されたすべての症例の5.4%です。は 4月から 公衆衛生フランス。 60日以上の間隔でデータベースに記録された少なくとも2つの陽性テストを提示するすべての人は、再感染の可能性のあるケースと見なされます。 保健省は先週の記者会見で、2回の感染発生の間の時間は平均242日だったと述べた。 1ヶ月後に再感染することは可能ですか? モンペリエ大学(エロー)のウイルス学者兼研究教授であるヤニック・シモニンに連絡したところ、 「特に、オミクロン変異体に感染しているがワクチン接種を受けていない人では、さまざまな変異体に対する免疫が弱く見え、時間の経過とともにかなり急速に低下することが研究によって示されています。」。 オミクロン変異体は、重症度の低い病気を誘発する傾向がありますが、再感染が多くなります。 実際には、 「最近オミクロン(主にBA.1サブバリアント)に感染した人の中には、特に現在フランスで大多数を占めるBA.2サブバリアントによって、1〜2か月後に再感染する可能性があります。 新しいウイルスのスペシャリストを続けています。 1か月後の再感染はほとんどありませんが、特に予防接種の状況や、元々サブバリアントBA.1またはBA.2に感染していたかどうかによっては、不可能ではありません。 »» この再感染の現象はどのように説明できますか? 合計で、2021年3月2日から2022年3月20日までの間に、685,858の再感染の可能性のある症例が特定され、フランスでのオミクロン変異体の蔓延の始まりを示す2021年12月6日以降の95.2%が保健当局に報告されています。彼らの最後の毎週の声明で。 「フランスの人口における感染後またはワクチン接種後の免疫応答の弱体化は、特に追加免疫ワクチン接種を受けていない人々において、再感染の可能性のある症例の頻度のこの著しい増加に役割を果たすようです」、 公衆衛生フランスを示します。 そしてそれを追加するには「また、フランスでのオミクロン変異体の非常に高い分布は、伝染性の増加と有意な免疫回避を特徴とし、この現象を増幅する可能性が非常に高いです。」。 …

COVID19。 フランスで再感染の数が爆発的に増加しているのはなぜですか? 私たちはあなたがよりはっきりと見るのを助けます 続きを読む