unecinquième漠然としたフラッペl’AfriqueduSud

Depuis plusieurs semaines、l’AfriqueduSudconnaîtuneboomdesconstitutions。 Àcestade、larepriseépidémiqueportéepardeuxsous-variantsd’Omicronn’inquiètepaslesépidémiologistes。 Comme un air dedejavu。 Depuis plusieurs semaines、l’Afrique duSudfaitfaceà Covid-19の流行の再発。 マルディ5月10日、pas moins de 7523 nouvelles汚染、étaientenregistrées、soit une hausse de presque 100%surunesemaine。 2021年12月に「Nationarc-en-ciel」の再結合を解除します。laquatrièmedepuisledébutdel’épidémie。 Àcetteépoque、la barredes20,000汚染quotidiennesétaitnotammentfranchie。 ÀlireもCovid-19:pourquoi la China、rattrapéepar theviral、refused’abandonnersastrategy«ゼロコロナ»» …

unecinquième漠然としたフラッペl’AfriqueduSud 続きを読む

「Lapolitiquedespouvoirs publics n’est pasassezoffensive」

Le dernier rapport de l’OMS、出版されたマルディ、ヨーロッパの「エピデミック」と肥満の警告、危機サニタイアの前の名声。 Faceàunfléauquiconcerneplusdelamoitiédesadulteseuropéens、laliguecontrel’obésitéenFranceappeallespouvoirspublicsfrançaiseteuropéenàuneactionplusoffensivesurlesfactsobésogènes。 LeVieux大陸の犠牲者d’unenouvelle伝染。 サンテの世界組織 3月3日、ヨーロッパでの太りすぎと肥満の「流行」に関する警告、oùplusde120万depersonenthatchaqueannée。 Uneétudemenée–dontl’étatdeslieuxconcernedlaシチュエーションダン53états–révèleque59%desadulteseuropéenssontensurpoidsouobèses。 有病率のdésormaisとélevéequedanstouteautre region、àl’exceptiondesAmériques。 あなたはデプラスジューンをコテ、セラは1人の子供を3人に関係させます。 2016年12月、 lesdonnéesindividualonttoutesindiquédenouvellesaugmentationsen Europe、特にCovid-19のパンデミックによるものです。 S’il n’y a pasdeconsensuseuropéensurlaméthodologieducalculdelaprévalencedel’obésité、lesméthodesdedépistagesebasentprincipalement sur l’indice de masse corporelle(IMC-calculéàpartirde la taille et du poids …

「Lapolitiquedespouvoirs publics n’est pasassezoffensive」 続きを読む

COVID19。 インキュベーション、伝染病、症状:クオントチェンジレバリアントオミクロン

«Combiendetemps peut-on restercontagieuxenétantpositiveàunvariantd’Omicron? »» ラ・クエスチョン・ヌース・エスト・ポゼ・パー・イザベル。 伝染の持続時間の問題aétérégulièrementposéedepuis 出現デュコビッド-19。 Toutcommecelledessymptômes。 Alorsquel’épidémie裁判所アンコールダンノートルペイ、 ウエストフランス ルポイントに失敗します。 ソースバリアントousous-variantest devenu majoritaire? それから息子 dernierpointépidémiologique、Santépubliqueフランス faitétatd’untauxd’incidencede 898 pour 100,000 habitants sur la semaine courant du 14 au 24 avril …

COVID19。 インキュベーション、伝染病、症状:クオントチェンジレバリアントオミクロン 続きを読む

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5

ドゥー nouveaux sous-lignagesd’Omicron、BA.4およびBA.5、ontétéidentifiésdebut avril et font l’objet d’unesurveyancerenforcée、sur la base de leurprofilegénétique、annonceSantépubliqueFrancedanssadernièreanalysisderisquesurlesvariantsémergentsduSARS- CoV-2、公開されたcettesemaine。 Cequiportedésormaisàcinqlenombredesous-lignagesàcejourduVariant Omicron、フランスで支配的な大規模。 Despremiercasがsurleterritoireを検出しました L’agencedesantérapportetoutefoisqueseul un cas de BA.4 et deux casdeBA.5ontétéidentifiésenFrance。 Ces deux sous-lignages、afrique du Sudで検出されたmajoritairement、sontassezsimilairesàBA.2、明示的にSantéPubliqueFrance、maisleurタンパク質Spikepossède3変異enplus。 LeCentereuropéendepreventionetdecontroldesmaladiesaclasséBA.4etBA.5en”variantsàsuivre”etademandéqu’ilssoientsurveillésment。 …

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5 続きを読む

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5

ドゥー nouveaux sous-lignagesd’Omicron、BA.4およびBA.5、ontétéidentifiésdebut avril et font l’objet d’unesurveyancerenforcée、sur la base de leurprofilegénétique、annonceSantépubliqueFrancedanssadernièreanalysisderisquesurlesvariantsémergentsduSARS- CoV-2、公開されたcettesemaine。 Cequiportedésormaisàcinqlenombredesous-lignagesàcejourduVariant Omicron、フランスで支配的な大規模。 Despremiercasがsurleterritoireを検出しました L’agencedesantérapportetoutefoisqueseul un cas de BA.4 et deux casdeBA.5ontétéidentifiésenFrance。 Ces deux sous-lignages、afrique du Sudで検出されたmajoritairement、sontassezsimilairesàBA.2、明示的にSantéPubliqueFrance、maisleurタンパク質Spikepossède3変異enplus。 LeCentereuropéendepreventionetdecontroldesmaladiesaclasséBA.4etBA.5en”variantsàsuivre”etademandéqu’ilssoientsurveillésment。 …

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5 続きを読む

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5

ドゥー nouveaux sous-lignagesd’Omicron、BA.4およびBA.5、ontétéidentifiésdebut avril et font l’objet d’unesurveyancerenforcée、sur la base de leurprofilegénétique、annonceSantépubliqueFrancedanssadernièreanalysisderisquesurlesvariantsémergentsduSARS- CoV-2、公開されたcettesemaine。 Cequiportedésormaisàcinqlenombredesous-lignagesàcejourduVariant Omicron、フランスで支配的な大規模。 Despremiercasがsurleterritoireを検出しました L’agencedesantérapportetoutefoisqueseul un cas de BA.4 et deux casdeBA.5ontétéidentifiésenFrance。 Ces deux sous-lignages、afrique du Sudで検出されたmajoritairement、sontassezsimilairesàBA.2、明示的にSantéPubliqueFrance、maisleurタンパク質Spikepossède3変異enplus。 LeCentereuropéendepreventionetdecontroldesmaladiesaclasséBA.4etBA.5en”variantsàsuivre”etademandéqu’ilssoientsurveillésment。 …

COVID19。 オミクロン:フランスで最初に検出されたcasdesous-variantsBA.4およびBA.5 続きを読む

長いCovidと症状の持続性について私たちが知っていること

多くの人が報告します 症状 SARS-CoV-2に感染した後も数ヶ月持続しました。 この「コビッド後」の状態はまだよくわかっていませんが、現在、それをより明確に定義するための厳密な研究の対象となっています。 周波数 一般集団において、そして根底にある生理病理学的メカニズムを解読するために。 から 持続的な症状 科学文献で最も頻繁に説明されているのは 呼吸困難 (呼吸困難)、無力症 (倦怠感)、 痛み 関節や筋肉、認知障害、消化器疾患、さらには無嗅覚症-味覚障害(におい と味)。 この最後の症状とは別に、これらは特定の臨床症状ではありません COVID-19 これは、たとえば、同じ期間に発生した他の感染症、または医療システムへのより制限されたアクセスに関連している可能性があります。 パンデミック。 したがって、「コビッド後」の状態をよりよく理解し、より適切に管理するために、科学者はどの持続性症状がSARS-CoV-2の感染とより密接に関連しているかを特定することが不可欠です。 一般集団を代表する研究 新しい研究は、フランス国立衛生医学研究所、パリサクレ大学、ソルボンヌ大学のピエールルイス疫学公衆衛生研究所の研究者がANRS-新興感染症と協力して実施し、ジャーナルに発表されました。 ランセット地域の健康-ヨーロッパ この質問を追求します。 この研究は、それがで行われたという事実から最初にその独創性を引き出します コホート 一般の人々に。 一般集団コホートは、Covid患者のサンプルから構築されたコホート(定義上、すべて「症候性」で、多くの場合、重症の臨床形態または入院中)とは異なり、すべての感染者を代表するものではありません。 したがって、このタイプのコホートは、たとえば感染時に経験した症状の重症度に応じて比較グループを形成することにより、公衆衛生の問題を理解することを可能にします。 作品の他の独創性は、すべての参加者が血清学的検査の恩恵を受けたことです …

長いCovidと症状の持続性について私たちが知っていること 続きを読む

Covid long:最初の波から数か月後の持続的な症状| ニュースルーム

残念ながら、このエントリはでのみ利用可能です フランス語。 参加者は自分の症状についていくつかのアンケートに回答しました©AdobeStock 一部の患者では、SARS-CoV-2に感染してから数か月間症状が持続します。 私たちは、長いコビッドまたは「ポストコビッド」状態について話している。 このほとんど理解されていない現象は、主題に関する知識を豊かにし、可能な限り最善のケアを提供するために、現在科学者によって注意深く研究されています。 ピエール研究所のInserm、Paris-Saclay大学、Sorbonne大学の研究者-Louis of Epidemiology and Public Health、ANRS | コンスタンツコホートの約26,000人の被験者からのデータを使用して、新興感染症は、どの持続性症状が最も頻繁に発生するかを特定します 残りの人口と比較したSARS-CoV-2に感染した人々に関する報告。 これらは主に味覚や嗅覚の喪失、呼吸困難や倦怠感です。 これらの症状は、感染時に典型的なCovid症状があった患者に特に発生します。 結果はジャーナルに掲載されます ランセット地域の健康-ヨーロッパ。 多くの人がSARS-CoV-2に感染してから数ヶ月後に持続的な症状を報告します。 この「コビッド後」の状態はまだよくわかっていませんが、現在、一般集団におけるその有病率をより明確に定義し、根底にある病態生理学的メカニズムを解明するための集中的な研究の対象となっています。 科学文献で最も一般的に報告されている持続性の症状には、呼吸困難(呼吸困難)、無力症(倦怠感)、関節および筋肉の痛み、認知障害、消化器障害、さらには無嗅覚症/味覚障害(嗅覚および味覚の喪失)が含まれます。 この最後の症状とは別に、これらはCovid-19に固有ではない臨床症状であり、たとえば、同時期の他の感染症やパンデミック時の医療システムへのアクセスの制限に関連している可能性があります。 したがって、「Covid後」の状態をよりよく理解し、より適切に管理するために、科学者はどの持続性症状がSARS-CoV-2感染とより密接に関連しているかを特定することが不可欠です。 一般的な人口調査 で公開された新しい研究 ランセット地域保健 この質問を追求します。 この研究は、一般的な集団コホートで実施されたという事実から最初にその独創性を引き出します。 一般集団コホートは、Covid患者のサンプルから構築されたコホート(定義上、すべて「症候性」で、多くの場合、重症の臨床形態または入院中)とは異なり、すべての感染者を代表するものではありません。 …

Covid long:最初の波から数か月後の持続的な症状| ニュースルーム 続きを読む

Covid long:最初の波から数か月後の持続的な症状| プレスルーム

参加者は自分の症状についていくつかのアンケートに回答しました©AdobeStock 一部の患者では、SARS-CoV-2に感染してから数か月間症状が持続します。 私たちは、長いコビッドまたは「ポストコビッド」状態について話している。 このほとんど理解されていない現象は、主題に関する知識を豊かにし、可能な限り最善のケアを提供するために、現在科学者によって注意深く研究されています。 ピエール研究所のInserm、Paris-Saclay大学、Sorbonne大学の研究者-Louis of Epidemiology and Public Health、ANRS | コンスタンツコホートの約26,000人の被験者からのデータを使用して、新興感染症は、どの持続性症状が最も頻繁に発生するかを特定します 残りの人口と比較したSARS-CoV-2に感染した人々に関する報告。 これらは主に味覚や嗅覚の喪失、呼吸困難や倦怠感です。 これらの症状は、感染時に典型的なCovid症状があった患者に特に発生します。 結果はジャーナルに掲載されます ランセット地域の健康-ヨーロッパ。 多くの人がSARS-CoV-2に感染してから数ヶ月後に持続的な症状を報告します。 この「コビッド後」の状態はまだよくわかっていませんが、現在、一般集団におけるその有病率をより明確に定義し、根底にある病態生理学的メカニズムを解明するための集中的な研究の対象となっています。 科学文献で最も一般的に報告されている持続性の症状には、呼吸困難(呼吸困難)、無力症(倦怠感)、関節および筋肉の痛み、認知障害、消化器障害、さらには無嗅覚症/味覚障害(嗅覚および味覚の喪失)が含まれます。 この最後の症状とは別に、これらはCovid-19に固有ではない臨床症状であり、たとえば、同時期の他の感染症やパンデミック時の医療システムへのアクセスの制限に関連している可能性があります。 したがって、「Covid後」の状態をよりよく理解し、より適切に管理するために、科学者はどの持続性症状がSARS-CoV-2感染とより密接に関連しているかを特定することが不可欠です。 一般的な人口調査 で公開された新しい研究 ランセット地域保健 この質問を追求します。 この研究は、一般的な集団コホートで実施されたという事実から最初にその独創性を引き出します。 一般集団コホートは、Covid患者のサンプルから構築されたコホート(定義上、すべて「症候性」で、多くの場合、重症の臨床形態または入院中)とは異なり、すべての感染者を代表するものではありません。 したがって、このタイプのコホートは、たとえば感染時に経験した症状の重症度に応じて比較グループを形成することにより、公衆衛生の問題を理解することを可能にします。 仕事の他の独創性は、すべての参加者がSARS-CoV-2による感染の歴史を探すために血清学的検査から事後的に利益を得たことです。 …

Covid long:最初の波から数か月後の持続的な症状| プレスルーム 続きを読む

COVID19。 オミクロン変異体に適応したファイザー/バイオエヌテックワクチンについて私たちは何を知っていますか?

「今年の初めに、オミクロン変異体に対するワクチンが3月に準備されると言われました。 あなたはそれが何であるか知っていますか? »»マリー・エレーヌは尋ねます。 それはかなり公平です。 1月にファイザーとBioNTechがスタートしました オミクロン変異体に対する適応ワクチンの臨床試験18歳から55歳未満の健康な成人におけるそのようなワクチンの安全性と忍容性を評価すること。 モデルナと同じ:アメリカの会社は1月26日水曜日に臨床試験を開始したと発表しました 特別に処方されたワクチンの追加免疫 このバリアントに対して。 ファイザー側では、アメリカの研究所の責任者であるアルバート・ブーラは、1月初旬に製薬大手がこの新しいワクチンの承認を早ければ3月に申請する準備ができている可能性があると述べた。 一方、Modernaの日付は発表されていませんでした。 Covid-19の症例数が再び増加しているため、新しいワクチンの問題はますます重要になっています。1日あたり158,000を超える症例があります。 それ 患者数は依然として多い4月7日時点で23,000人以上が入院しているが、集中治療室の患者は1,500人をわずかに超える患者が集中治療室にいるとのことである。 保健当局からの数字。 また読む: COVID19。 ウイルスに対する毎年の予防接種に向けて動いていますか? これらの臨床研究はどこにありますか? 連絡先 西フランス、ファイザーは研究が続くと言います。 オミクロンに適応したワクチンについて、研究所は次のように説明しています。 「私たちは成功し、研究努力を続けています。 »» 「しかし、データは絶えず変化しており、絶えず分析する必要があります。 科学のペースで進んで、BA.2バリアントが現在最も普及していることを知って、それ以来、最良のアプローチを決定するための新しい研究を開始しました。会社を追加します。 それ バリアントBA.2はオミクロンのサブバリアントですPublic Health Franceのデータによると、2月28日から3月6日までの間にフランスで過半数になりました。 …

COVID19。 オミクロン変異体に適応したファイザー/バイオエヌテックワクチンについて私たちは何を知っていますか? 続きを読む